ワーホリや外国の大学留学前にフィリピン留学!

最近では、ワーホリの前にフィリピン留学を利用する人がふえているようです。


ワーホリとは、ワーキングホリデーの略で、提携を結んでいる国に1年間住めるビザが与えられ、勉強や仕事などを体験できる制度です。今までは、ワーホリに行った国で語学学校に留学し、そのあと仕事を探したり、旅行をするというのが一般的でした。

しかし、この語学学校が意外と高額なのです。



ワーホリをしようとする人は、親御さんの援助などではなく、自力で貯めたお金を使う人がほとんど。


しかも、若者限定の制度なので余裕があるとはいえない人が多いようです。

かといって、英語力がなければ就職もままならず、生活すらできません。


そこで、語学学校が必要になるのですが、生活費の高い国であれば当然授業料も高額。



ワーホリ最初に大きな出費は痛いところでしょう。
そこで、注目されはじめたのが、ワーホリ前のフィリピン留学なのです。



欧米諸国の半分以下で学べるうえ、生活費は非常に休むすみます。

短期間にみっちりと指導してもらうことで、日常会話程度であればマスター可能でしょう。

そうすることで、ワーホリの1年間をまるまる有意義に活用できることになるのです。

実際、ワーホリにオーストラリアに出向いたけれど、そこからわざわざフィリピン留学したという人の話をいくつも耳にします。
海外にいながら、さらに海外に留学…とは不思議かもしれませんが、それほど、フィリピン留学はお値打ちだということでしょう。