円安時代の語学留学はフィリピン留学で決まり!

語学留学を考える際に、真っ先に思い浮かぶのは欧米諸国でしょう。

アメリカ、ハワイ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど。


しかし、円安の今、これらの国への語学留学は非常に費用がかかるようになっています。

現地での生活費なども含めると、円高時代の倍以上の予算を考えねばならないこともあるでしょう。


そんな中、まだお手軽に留学できる国として注目されているのが、フィリピン留学です。

円安時代といえども、東南アジアの国であるフィリピンの物価は日本の5分の1といわれており、まだまだ余裕のある暮らしができます。
物価に比例して、人件費や施設維持費も安くなり、語学学校の授業料も先進国よりはるかに安く設定されています。
さらに、フィリピン留学では、ビジネスに役立つ英語を学べるのも大きな特徴です。ネイティブのイングリッシュスピーカーによるマンツーマンの指導を受けられ、英会話力が嫌でもつきます。



さらに、厳しい授業環境が整っているので、勉強しないわけにはいかなのです。



また、フィリピン留学でしっかりと使える英語を身につければ、そのあと、ほかの欧米諸国でキャリアの道を選ぶということも可能になるでしょう。
英語をマスターして、活躍の舞台が一気に世界に広がるともいえます。
単なる人生経験ではなく、生きた英語を学ぶ語学留学先として、フィリピンはおススメです。



円安時代でも、夢を叶えさせてくれる留学先でもあるでしょう。